リサイクルのススメ高価買取。大阪のリサイクルショップお得情報!

保証書やパッケージなどがある場合は、物によっては思っているより高価買い取りが可能な場合もあります。リサイクルショップなどを上手に使いこなしましょう!

砂漠緑化の具体的な活動を知りたい!

砂漠緑化は主にNPOなどが先陣を切って活動しているのですが、具体的にどういった活動をしているのでしょうか?

まずは砂漠化を止める活動「鎖辺」です。こちらは砂漠の辺縁地帯に沿って人工で植林を行い、鎖のように囲ってあたりの砂漠化を防ぐ方法です。風が強く、昼と夜の寒暖差が激しい砂漠地帯では植林活動も非常に難しく、またその土地に植えた木々が定着するにも4、5年かかると言われています。

以前はこういった活動を悪魔のレッドドラゴンを鎖で縛りつけるとも呼ばれていたようです。しかし防波堤になってくれるこちらの活動は住んでいる人に大きな影響を与えています。

砂漠緑化の活動はとても有意義

砂漠緑化を行う事は地球環境を保護する上でとてもいい事だと認識されている事が多い様です。温暖化や環境破壊の問題を解決する糸口になる砂漠緑化の活動はとても有意義なものだと言えるでしょう。

しかし、一方でかなりの手間や暇がかかります。一度、砂漠緑化を行うとずっと手入れし続けないといけない事もあります。特に降水量が非常に少ない地域で砂漠緑化を行うのは大変です。

常に一定量の水を運んでこないといけません。元々水が少ない地域に、たくさんの労力や費用を費やして植物を定着させる必要性があるのかどうか疑問視されている地域もあるようです。もちろん、一定の降水量がある所などでは砂漠緑化しやすくメリットも大きいでしょう。

多くの力が結集した砂漠緑化

砂漠緑化には人力と知識と技術が必要です。これら一つでも欠けてしまう成功することが難しいものとなります。

砂漠化する自然の脅威と立ち向かうため、地道な努力と年月を必要とするものです。世界中から砂漠緑化に向けた資金援助や、そこで活動するため人が集まり、国を越えた取り組みが行われています。

またこれまで、日本人の取り組みも世界的に高い評価をうけています。 水や土壌の管理、植栽など、昔から伝わる伝統的な日本の技術も高く評価されているようです。中国のモンゴル自治区において、日本人の活躍で成功した事例など複数あります。

ロールプランターは砂漠緑化が出来るだけではありません

日本の繊維技術企業が結集し、開発したロールプランターは、植物が育たない環境でも生育させることが出来る、農業資材繊維で筒状になっており、砂漠やコンクリートの上でも植物を成長させることが出来ます。この技術を使えば砂漠でも砂漠緑化が期待できますし、砂漠地域特有の食料問題にも絶大な効果を期待することが出来ます。

実際に南アフリカでは、ロールプランターを使用し、砂漠緑化に成功している地域もありますので、今後ロールプランターが世界各国で使用されるようになります。食料になる植物の生育にも成功しているので、食糧問題も同時に解消していくことができます。

砂漠緑化活動に関する記事